スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京女のたしなみ

競馬場での表舞台しか知らなかったチェリー、
今まで柵の外での姿しか知らなかったので、凛々しいイメージばかりだったのですが、
その距離3メートルと0センチでは随分違いがありました。

これから長~い付き合いになるので、きっといろんな発見があると思うのですが、
鹿児島のスタッフさんに教えていただいたのが
「京女のたしなみ」
なぜか、ごはんを一口残すんだそうです。
食べるのもゆっくりなチェリーですが、なんだろう?と首をかしげておられました。

実は、我が家の現役競走馬の女の子も同じように一口残していて、
この様子を見て厩務員さんが「京女みたい」と言われていました。
「あ、他の子でもおんなじことがあるんだ~」
とそんな共通点にびっくりでした。

そういえば、チェリーは中央競馬で栗東所属。
その後は兵庫県競馬。
福山はほんの数ヶ月だったので、すっかり関西女ですね!
余談ですが、私も関西生まれ関西育ちです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。