スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鹿児島到着翌日

チェリーサウンドは、
25日のお昼頃、兵庫県の西脇競走馬休養センターを出発し
その日の夜10時頃鹿児島のホーストラストに到着しました。

仲介をいただいている引退馬ネットの方からのご報告を受けてほっと一安心。
「様子はどうですか?と聞いたら、暗いから分からないって」
そうでしょう!あの広大な敷地は本当に山の中。
夜の灯りがほとんどなさそうです。

福山競馬場から、2週間の間に3度目の引越しです。
「私はどうなるんだろう?」と不安な日々で可哀想な事をしてしまいましたが、
もう、お引越しはないんだよ!
ここで、環境に慣れるのも一苦労。
完全に保護管理された競馬場の施設から、馬房のない野外での暮らしが始まります。


翌日、友人のあおやぎさんが偶然にもホーストラストを訪問され、
到着翌日のチェリーサウンドに会って来て下さいました。

*027_CherrySound20080326

新しいチェリーの家(photo by あおやぎさん)


041_CherrySound20080326.jpg

まだまだ落ち着かないチェリーと、一緒に来たバッキンガム
(photo by あおやぎさん)
「ねえねえ、誰かきたぁ~!」(チェリー)


バッキンガムくんは、22歳の外産の大きな乗用馬。
現在は小さいチェリーの頼もしいじいやです
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。