スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チェリーサウンドとの出会い~兵庫から福山へ

昨年、園田競馬場へは、10回ほど行っていました。
(実家があるため、帰省も兼ねていて
 連日行く事もあったので、日数ではもっとありました)
ただ、チェリーのレースを見たい見たいと思いながら、
実際に見る事ができたのは1、2度でした。

残念ながら見る事はできなかったのですが、
園田では兄とも同じレースで走る事がありました。
誰も気付かなかっただろうと思いますが、
大分下のクラスだったはずのチェリーが、成績が良くどんどんクラスが上がって来て
いつのまにか成績の停滞している兄のいるクラスに追いついてしまったのです。

世の中は、インフルエンザが大蔓延で大騒ぎでした。
そのレースも陽性反応の馬が4頭も取り消した6頭立て。
翌日からは園田競馬も開催を中止しました。
やる気満々のチェリーと、常にマイペースな兄。
力の差は歴然で(しかも、兄は軽度の骨折をしていたことを、後で知りました)
チェリーが勝ち、兄はビリでした。
でも、成績はなにより、
少頭数ですぐ間近に兄と妹のいるパドックをテレビ中継で見ながら
この兄妹の初対面かもしれない場面に、少し胸が熱くなりました。
(実際には、西脇からの馬運車の中で会っていた可能性はありますが。)

園田競馬の馬場は合っているのか、
チェリーは順調に少しずつクラスが上がっているように見えていました。
ところが11月の半ば、突然福山へ転厩。
成績だけを見れば、確かに2戦ほど着外でしたが、
まだ頭打ちというほどのものでもなかったので、
どうしてだろうと思っていました。
でも、馬主さんが変わっていたので売却されたのだと分かりました。
もう既にかなり情がうつっていた私は、
もし、売却される事を知っていたらチェリーを購入したのに、と
内心、そのチャンスを逃した事にがっかりしました。

でも、実はその頃既に膝は大分悪化していたと、
後に西脇で事情を知る方に聞いたのでした。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。